天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

ピカソ作品は「贈り物」?/電気技師の裁判始まる

2015/02/11 09:54

 【パリ共同】晩年のピカソ(1881〜1973年)の家に出入りし、総額約6千万ユーロ(約81億円)の価値があるともいわれる作品271点を不正に入手した「盗難品隠匿」の罪で起訴された電気技師への公判が10日、フランス南東部グラースの裁判所で始まった。同国メディアが伝えた。

 現在70歳代の電気技師は、ピカソが最晩年を過ごした家の電気工事を請け負った。「時々お茶に呼ばれる」間柄で作品は「贈り物」として1972年に譲渡されたと主張している。

 捜査当局は電気技師とともに妻も起訴。有罪となれば最大で禁錮5年などが科される。判決は今週中にも言い渡される。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.