天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

韓国、元死刑囚の在日男性に無罪/再審で地裁が謝罪

2015/02/10 19:33

 再審で無罪を言い渡された在日韓国人、李哲さん=9日、ソウル中央地裁(共同)
 再審で無罪を言い渡された在日韓国人、李哲さん=9日、ソウル中央地裁(共同)

 【ソウル共同】ソウル中央地裁は9日、韓国留学中の1975年に「北朝鮮スパイ」として連行され国家保安法違反罪などで死刑判決が確定し、その後減刑、釈放された大阪市生野区在住の在日韓国人、李哲さん(66)の再審で無罪を言い渡した。

 李さんは北朝鮮を2回訪問して指令を受け韓国でスパイ活動をしたとされたが、訪朝もスパイ行為も情報機関の韓国中央情報部(KCIA、現在の国家情報院)の拷問捜査で強要された虚偽の「自白」に基づくでっちあげだと地裁は判断した。

 韋賢碩裁判長は言い渡し後「裁判所が人権を守る最後のとりでの役割を果たせなかったことを深くおわびする」と謝罪した。

 同様の罪に問われた在日韓国人は既に20人以上が再審で無罪が確定し、確定死刑囚への無罪は3人目。李さんは判決後「他にも多くの在日同胞が悔しい思いを抱えて生きている。在日の被害者全体を対象にする特別法をつくり救済してほしい」と話した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.