天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

米キャスター、戦場武勇伝は脚色/謝罪、搭乗ヘリ被弾とうそ

2015/02/06 06:32

 ブライアン・ウィリアムズ氏(UPI=共同)
 ブライアン・ウィリアムズ氏(UPI=共同)

 【ワシントン共同】米NBCテレビの著名キャスター、ブライアン・ウィリアムズ氏(55)が4日、2003年のイラク戦争取材中に自分の搭乗したヘリコプターが被弾し、緊急着陸したと語ってきたエピソードはうそだったと認め謝罪した。

 ウィリアムズ氏は先週の番組でも「12年前の恐ろしい出来事」として、この“武勇伝”を回想していた。4日夜の自らの番組で「私は後続のヘリに乗っていた。謝りたい」と告白し、フェイスブック上で「自分の経験を偽るつもりはなかった。何度も目にした現地の映像と、12年前の不透明な記憶が結びついてしまった」と弁明した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.