天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

米の迎撃システム配備に憂慮/中国、ソウルで国防相会談

2015/02/04 20:40

 会談を前に握手する韓国の韓民求国防相(右)と中国の常万全国防相=4日、ソウルの韓国国防省(代表撮影・共同)
 会談を前に握手する韓国の韓民求国防相(右)と中国の常万全国防相=4日、ソウルの韓国国防省(代表撮影・共同)

 【ソウル共同】韓国の韓民求国防相と中国の常万全国防相は4日、ソウルの韓国国防省で会談した。同省関係者によると、米国がミサイル防衛(MD)の一環として韓国配備を検討中とされる最新鋭の地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」について、中国側が憂慮を表明した。

 中国国防省がTHAAD配備の可能性について韓国に対し公式に立場を示すのは初めて。韓氏は「(配備に絡む)米国の決定も要請も、韓米間の協議もない」と説明したが、米国側は今後設置を働き掛けるとみられ、韓国は米中の間で難しい対応を迫られそうだ。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.