天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

「凶悪で卑劣」と非難/安保理、責任追及訴え

2015/02/02 06:30

 【ニューヨーク共同】国連安全保障理事会は1日、過激派「イスラム国」を名乗るグループが後藤健二さんを殺害したとする映像を公開したことを受け「この凶悪で卑劣な殺人を強く非難する」との報道声明を発表した。

 声明は、犯行が「イスラム国の残虐性をあらためて示した」と指摘。関与した者らに「責任を取らせなければならない」と処罰の必要性を強調し、全ての国連加盟国に対し、日本などと積極的に協力するよう促した。

 また「イスラム国は打倒されなければならず、イスラム国が支持している不寛容や暴力、憎悪(の精神)は根絶されなければならない」と訴えた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.