天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

南沙諸島で米軍の偵察強化/中国にらみ、哨戒機展開 

2013/07/28 22:35

 【マニラ共同】中国とフィリピンの対立が先鋭化する南シナ海の南沙(英語名スプラトリー)諸島をめぐり、米軍がP3C哨戒機を使いフィリピンを拠点に中国軍の偵察を活発に行っていることが28日、フィリピン政府の資料などで分かった。同国と軍事協力を進める米国の軍事筋は中国を念頭に「(偵察衛星も含め)あらゆる情報収集活動を強化している」と語った。

 南シナ海情勢の緊迫化を受け、フィリピンのアキノ大統領が米側にP3Cの派遣を要請していた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.