天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

IMF前専務理事を起訴/仏北部の売春あっせん

2013/07/27 01:43

 【パリ共同】フランス北部リールの予審判事は26日、同市の高級ホテルを舞台にした売春あっせん事件で、国際通貨基金(IMF)前専務理事のドミニク・ストロスカーン容疑者(64)を起訴すると発表した。フランス公共ラジオが伝えた。

 事件は建設会社が売春組織に依頼しパーティーを開いていたもので、2011年10月に発覚。前専務理事は当初「犯罪的組織の一員として売春あっせんを行った」疑いで調べを受けていたが、今年6月に検察当局が「不起訴が妥当」との意見書を提出。今回、予審判事は科刑のレベルが低い「集団で」売春あっせんした罪で起訴するとした。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.