天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

787無線機撤去か点検を/米航空局が改善命令

2013/07/26 00:05

 【ワシントン共同】米連邦航空局(FAA)は25日、ロンドンの空港で12日に起きたボーイング787の火災の原因とみられている航空機用救命無線機(ELT)の撤去か点検を、航空各社に求める改善命令を出した。ロイター通信が報じた。

 FAAの基準は航空業界に大きな影響力があるとされ、各国の航空当局も同様の措置を各航空会社に促していくとみられる。

 英事故調査当局は、燃焼部位と一致する場所にあるELTの不具合が火災原因となった疑いがあるとして、FAAにELTの使用停止に向けた措置を求めていた。

 ELTは事故時に救難信号を発信する装置。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.