天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

台湾でもまだら症状120人超/カネボウ商品と関連調査

2013/07/24 20:43

 【台北共同】カネボウ化粧品の美白化粧品で肌がまだらに白くなる被害が出ている問題で、台湾の代理販売会社は24日、台湾でも120人以上が同様の症状を訴え、化粧品との関連を病院などで調べていると明らかにした。

 代理販売会社は関連商品を自主回収中だが、いまだに使い続けている人がいるとして、返品するよう呼び掛けている。

 販売会社によると、台湾では22日までに関連商品5万6千個余りを回収。衛生当局は、台湾での化粧品の回収数としては過去最多になるとの見通しを示している。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.