天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

米軍、豪サンゴ礁海域に爆弾投棄/緊急措置、批判も

2013/07/22 17:38

 【シドニー共同】米海軍の戦闘機2機が先週、オーストラリア軍との合同演習中に同国の北東沖に四つの爆弾を投棄していたことが明らかになった。現場は世界遺産に登録されているサンゴ礁群「グレートバリアリーフ」の広がる海洋公園内で、危険回避のための緊急措置だったという。AP通信などが22日までに伝えた。

 爆弾はいずれも起爆しない状態で爆発しなかった。地元当局は、投棄場所がサンゴ礁から離れており、海洋環境への影響は小さいとしているが、オーストラリアの緑の党は「言語道断」と批判している。米海軍は22日、爆弾回収を検討する考えを示した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.