天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

治安当局暴行で障害を陳情中/北京空港起爆の男

2013/07/21 17:36

 【香港共同】中国北京市の北京国際空港で車いすの男が爆発物を起爆させた事件で、中国メディアは21日、この男が出稼ぎ先の広東省で治安要員に殴られたため障害を負ったとして当局を訴えたが敗訴、その後も陳情を行っていたと報じた。

 中国では治安要員が取り締まりの際などに暴力をふるうケースが多発、今回の事件でもこうした当局への不満が動機となった可能性がある。同省公安庁も当局の対応に問題がなかったか調査に乗り出したという。

 中国メディアによると、男は2005年、バイクタクシーを運転していたところ治安要員に止められて転倒。転倒後も鉄パイプなどで殴られ重傷を負った。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.