天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

マンデラ氏、容体落ち着く/ツツ元大主教が見舞い

2013/07/20 18:41

 【ヨハネスブルク共同】南アフリカのノーベル平和賞受賞者のツツ元大主教は19日、首都プレトリアの病院に入院中のマンデラ元大統領(95)を見舞いに訪れ、マンデラ氏について「落ち着いている」と記者団に語った。AP通信などが伝えた。

 ツツ氏によると、マンデラ氏は面会時には眠っていた。ツツ氏は「病床からも、南アだけでなく世界を一つにできる」とマンデラ氏をたたえた。

 反アパルトヘイト(人種隔離)闘争を率いたノーベル平和賞受賞者のマンデラ氏は6月8日に肺感染症の再発で入院。95歳の誕生日を迎えた今月18日、大統領府は「容体は着実に改善している」との声明を出した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.