天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

給食で児童20人死亡、インド/殺虫剤成分検出

2013/07/17 18:58

 【ムンバイ共同】インド東部ビハール州の村落の小学校で16日、給食を食べた児童20人が死亡した。州当局によると、給食は学校の調理室で調理されたもので、殺虫剤に含まれる成分が検出された。17日、地元メディアが伝えた。

 数十人が病院に運ばれており、現在、混入経路などを調査中という。

 地元メディアは、ビハール州では給食の調達をめぐる汚職問題が深刻化しており、児童の安全が後回しにされたと報じた。

 ビハール州はインド最貧州の一つで、無料の給食は貧困層に人気がある。学校での給食が、初等教育からの脱落が多い農村部の児童を学校につなぎとめる施策の一環となっている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.