天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

787、救命無線機が出火原因か/ヒースロー空港での火災

2013/07/16 05:50

 【ワシントン共同】ロイター通信は15日、ロンドンのヒースロー空港で駐機中に起きたエチオピア航空のボーイング787の火災原因を調べている当局が、航空機用救命無線機(ELT)から出火した可能性があるとみていると報じた。

 ELTは米ハネウェル社製。最新鋭機787の約3カ月に及ぶ運航停止につながるトラブルを起こしたリチウムイオン電池ではなく「リチウムマンガン電池」を使っており、ロイターは「問題再燃への懸念をしずめる事実だ」としている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.