天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

情報保護へEUで協定を/米盗聴受け、独首相

2013/07/15 06:58

 【ウィーン共同】米国家安全保障局(NSA)の盗聴活動を受け、ドイツのメルケル首相は14日、ドイツ公共放送ARDのインタビューで、インターネット上の個人情報を保護するため欧州連合(EU)内で厳格な協定を結ぶ必要があると訴えた。

 NSAは欧州の情報機関と協力して盗聴を繰り返し、EUやドイツ、フランスなどを監視していたと報じられている。メルケル氏は盗聴を黙認したとの指摘を否定しており、9月の総選挙を控え、情報保護への強い姿勢を示し、国民の不信感の払拭を狙ったとみられる。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.