天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

B787バッテリー「関連なし」/英当局が火災事故で

2013/07/14 11:29

 【ロンドン共同】ロンドンのヒースロー空港で起きたエチオピア航空のボーイング787の火災原因について、英運輸省の航空事故調査当局は13日、「現段階では(トラブルが相次いでいた)バッテリーと直接の関連を示す証拠はない」と発表した。

 787は日本製リチウムイオン電池を使った二つのバッテリーを機体前方と中央のそれぞれ下部に搭載しているが、調査当局は「焼損部位は機体後ろの上部で、バッテリーの場所から離れていることは明らか」と指摘。バッテリーとの関連に否定的な見解を示した。

 英紙フィナンシャル・タイムズ(電子版)によると、エチオピア航空幹部は「エアコン設備の不具合が関係しているとみられる」と述べた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.