天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

ボストン爆破で無罪主張/罪状認否でジョハル被告

2013/07/11 06:38

 10日、ボストン連邦地裁で開かれたジョハル・ツァルナエフ被告の裁判の法廷スケッチ(ロイター=共同)
 10日、ボストン連邦地裁で開かれたジョハル・ツァルナエフ被告の裁判の法廷スケッチ(ロイター=共同)

 【ニューヨーク共同】今年4月、米ボストン・マラソンを狙った連続爆破テロを起こしたとして、大量破壊目的の武器使用など計30の罪で起訴されたジョハル・ツァルナエフ被告(19)の罪状認否が10日、ボストン連邦地裁で開かれ、同被告は無罪を主張した。AP通信などが報じた。

 事件では3人が死亡、260人以上が負傷した。起訴状によると、犯行の主な動機は米政府によるイスラム教徒殺害への報復とされ、同教徒である被告が4月15日にゴール付近に置いた爆弾で、8歳の少年と中国からの女子留学生(23)が死亡した。有罪の場合、最高刑は死刑。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.