天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

着陸失敗の54秒前に警告か/交代要員の副機長

2013/07/10 12:22

 【ソウル共同】米サンフランシスコで起きたアシアナ航空機事故で、韓国紙、中央日報は10日、同機の操縦室の補助席に座っていた交代要員の副機長が、高度が約300メートルまで下がった時点でも機体が急角度で降下していたため機長らに数回警告したが、機長らから返事がなかったと説明していると報じた。同紙は、警告は着陸失敗の54秒前ごろだったとしている。

 事故原因の調査に当たる米運輸安全委員会によると、機長らは着陸失敗の7秒前に速度を上げようとしたとされるが、より早い段階で異常を認識していた可能性もある。

 同紙はパイロット間の意思疎通が円滑でなかった可能性を指摘した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.