天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

ボリビアが説明要求/「元職員搭乗」で欧州4カ国に

2013/07/09 05:57

 【リオデジャネイロ共同】南米ボリビアの大統領専用機が、米中央情報局(CIA)元職員エドワード・スノーデン容疑者を乗せているとの疑いから、欧州諸国に領空通過を一時拒否され緊急着陸した問題で、ボリビア政府は8日、拒否した4カ国の大使を呼び、虚偽の情報をどこから得たか説明するよう求めていることを明らかにした。

 4カ国はフランス、イタリア、スペイン、ポルトガル。ボリビア政府は、米国が偽情報を流したことでモラレス大統領の命が危険にさらされたと主張。ダビラ通信相は記者団に「国家によるテロだ。何があったか明らかにしたい」と述べた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.