天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

米、ブラジルでも大量傍受/「中南米最多」と地元紙

2013/07/08 09:08

 【リオデジャネイロ共同】ブラジル有力紙グロボは7日、米当局に訴追された米中央情報局(CIA)元職員エドワード・スノーデン容疑者から得た情報として、米国家安全保障局(NSA)がブラジル国内で膨大な量の電話や電子メールを傍受していたことが判明したと伝えた。今年1月だけで23億件の情報が収集されたとしている。

 同紙は「中南米の国でブラジルが最も傍聴件数が多い」と指摘しており、ブラジル政府は同日「重大な懸念がある」との声明を発表。パトリオタ外相は米政府に説明を要求するとともに、国連などに調査を求める考えを示した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.