天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

韓国の裁判所に三菱重工業を提訴/強制動員と被爆被害で

2013/07/01 13:32

 三菱重工業に損害賠償を求める訴訟を前に記者会見する、太平洋戦争中に強制動員された生存原告の洪順義さん=1日、ソウル(共同)
 三菱重工業に損害賠償を求める訴訟を前に記者会見する、太平洋戦争中に強制動員された生存原告の洪順義さん=1日、ソウル(共同)

 【ソウル共同】太平洋戦争中に朝鮮半島から強制動員され、広島市に当時あった三菱重工業広島機械製作所で働いた韓国人の生存者1人と死亡者13人の遺族が1日、三菱重工業に計14億ウォン(約1億2千万円)の損害賠償を求める訴訟をソウル中央地裁に起こした。

 弁護団によると、14人は1944年8〜9月から同製作所で勤務させられ、45年8月には原爆投下で被爆。後に今の韓国の地域に帰還したが、被爆が原因とみられる健康被害に苦しんだという。

 三菱重工業は「訴状を見ていないためコメントできない」としている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.