天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

虐殺の責任、初めて認める/ポト派法廷で元ナンバー2

2013/05/30 22:40

 ヌオン・チア被告
 ヌオン・チア被告

 【プノンペン共同】カンボジアの旧ポル・ポト政権による大虐殺を裁く特別法廷の30日の公判で、政権ナンバー2だった元人民代表議会議長のヌオン・チア被告(86)が「民主カンボジア(ポル・ポト政権)時代に起きたすべての出来事に対して、自分には道義的責任がある」と発言した。

 同被告が自らの責任を認めるのは初めて。法廷当局者は「多くの被害者らが長い間待っていた言葉だ」と語った。

 ヌオン・チア被告はこれまで、国民の大量死は同政権以前の米軍による爆撃やベトナムの仕業などと主張、自らの責任は認めてこなかった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.