天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

障害児、暴力被害の可能性高く/ユニセフ、権利保護訴え

2013/05/30 05:00

 【ニューヨーク共同】国連児童基金(ユニセフ)は29日、2013年版の「世界子供白書」を発表した。障害のある子供の権利を特集し、障害がない子に比べ「暴力の被害者になる可能性が3〜4倍も高い」と警告、防ぐ手だての必要を訴えた。

 白書は高所得国の調査結果として、障害児は肉体的な暴力を受ける危険が3・6倍、性暴力は2・9倍高いとし、特に精神障害、知的障害がある子供は性暴力の危険が4・6倍に上るとした。

 紛争地では、学習障害のある子供が戦闘員などとして、武装勢力に無理やり徴用される可能性が高いとも指摘した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.