天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

EU、シリア武器禁輸を解除/反体制派への供与可能に 経済制裁は継続

2013/05/28 08:43

 27日、欧州連合外相理事会で協議するオーストリアのシュピンデルエッガー欧州・国際関係相(右)とドイツのウェスターウェレ外相(中央)ら(AP=共同)
 27日、欧州連合外相理事会で協議するオーストリアのシュピンデルエッガー欧州・国際関係相(右)とドイツのウェスターウェレ外相(中央)ら(AP=共同)

 【ブリュッセル共同】欧州連合(EU)の外相理事会は27日、内戦が続くシリアの反体制派に武器を供与するため、同国に対する武器禁輸を解除することを決めた。

 EU加盟国は8月1日までは武器輸出を開始せず、6月にスイスのジュネーブで予定されるシリア内戦の政治解決を目指す国際会議の結果を見極めた上で、反体制派への武器輸出の是非を決める。

 武器禁輸措置をめぐっては、英仏両国が反対したため延長で合意できず、5月末の期限切れを受けて失効することになる。失効後はEU加盟各国が独自に反体制派への武器供与を判断する。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.