天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

ラガルド氏、捜査見送り/職権乱用疑惑で仏当局

2013/05/25 06:38

 IMFのラガルド専務理事(ロイター=共同)
 IMFのラガルド専務理事(ロイター=共同)

 【パリ共同】フランスの司法当局は23、24両日、国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事が経済閣僚時代に職権乱用した疑惑について事情聴取を行ったが、正式な捜査開始は見送った。フランスメディアが伝えた。

 ラガルド氏は2008年、サルコジ大統領(当時)に近い実業家ベルナール・タピ氏と元国営銀行クレディ・リヨネとの係争に介入し、タピ氏に有利な調停が行われるよう便宜を図った疑惑を持たれている。ラガルド氏は否定している。

 事情聴取は、閣僚の在任中の犯罪を裁く共和国法院が行った。今後、予審判事の判断で正式な捜査の対象となる可能性は残っている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.