天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

日本人歴史家らが竹島訪問/調査目的、外務省自粛要請

2013/05/23 12:32

 竹島を訪問し、警備隊員(右)と握手する「『竹島の日』を考え直す会」の久保井規夫氏=23日(聯合=共同)
 竹島を訪問し、警備隊員(右)と握手する「『竹島の日』を考え直す会」の久保井規夫氏=23日(聯合=共同)

 【ソウル共同】竹島(韓国名・独島)の韓国領有を支持している日本人の歴史家グループ3人が23日、近接する鬱陵島から船で竹島を訪問した。現地の調査と研究が目的。グループの一人が明らかにした。

 竹島には観光船で日本人も年間数十人が訪れているとみられているが、公表して竹島を訪問するのは珍しい。

 日本外務省は「韓国側の管轄権を認めることになる」として日本人に渡航自粛を呼び掛けており、今回も渡航中止を求めていた。

 3人は「『竹島の日』を考え直す会」の久保井規夫副代表ら。竹島に約20分間滞在し、現地の状況を視察して写真撮影などを行った。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.