天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

太平洋同盟に各国が熱視線/閣僚会合、日本も参加

2013/05/23 10:05

 【リマ共同】中南米の太平洋岸にあるメキシコなど4カ国が経済統合を目指す「太平洋同盟」が22日、コロンビア西部カリで外相や貿易相による閣僚会合を開き、フランスなど5カ国のオブザーバー参加承認について協議した。日本は既にオブザーバーで、若林健太外務政務官が出席した。

 太平洋同盟加盟国のうち3カ国は、環太平洋連携協定(TPP)交渉参加国。資源が豊富で食料生産地としても経済的な影響力拡大が見込まれ、欧州やアジアからも熱視線が送られている。

 昨年6月に発足した太平洋同盟は、ほかにペルー、チリ、コロンビアが加盟。中南米には反米左派政権が多い中で各国とも良好な対米関係を築いている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.