天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

イランで元大統領出馬認めず/事前審査で、強硬派有利か

2013/05/22 05:07

 【テヘラン共同】イラン内務省は21日、6月14日に投票が行われる大統領選の立候補者資格を事前審査する護憲評議会が、保守穏健派の重鎮で、改革派も支持を表明したラフサンジャニ元大統領(78)と、アハマディネジャド大統領側近のモシャイ元大統領府長官(52)の立候補を認めないことを決めたと発表した。

 出馬を認められたのは、最高指導者ハメネイ師に近い保守強硬派のガリバフ・テヘラン市長(51)やジャリリ最高安全保障委員会事務局長(47)ら計8人。選挙戦は保守強硬派を中心にした争いになることが確実だ。

 ただ、票が割れることを避けるため、さらに候補者調整が行われる可能性もある。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.