天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

民主化に向け改革推進で一致/米・ミャンマー首脳会談

2013/05/21 09:42

 20日、米ワシントンのホワイトハウスで、会談後に握手するミャンマーのテイン・セイン大統領(左)とオバマ大統領(AP=共同)
 20日、米ワシントンのホワイトハウスで、会談後に握手するミャンマーのテイン・セイン大統領(左)とオバマ大統領(AP=共同)

 【ワシントン共同】オバマ米大統領は20日、ホワイトハウスでミャンマーのテイン・セイン大統領と会談し、ミャンマーの民主化に向けた改革に後戻りは許されないとの認識で一致した。オバマ氏は会談終了後、記者団に対し「テイン・セイン氏はやるべき仕事がまだ多くあることを誰よりもよく知っている」と指摘し、少数民族問題などの課題解決が必要と表明した。

 オバマ氏は強権政治を続けた軍の勢力が影響力を保っていることを念頭に、改革努力継続へくぎを刺した形。中国をにらんだアジア太平洋地域重視戦略に沿い、中国と関係が深かったミャンマーへの影響力拡大の考えもあらためて鮮明にした。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.