天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

服役中のフジモリ氏、胃炎で出血/投薬治療と長女

2013/05/19 08:52

 【リオデジャネイロ共同】在任中の殺人罪などで実刑判決を受け服役中のペルーのフジモリ元大統領(74)は18日、前日に緊急入院した首都リマ市内の病院で胃の内視鏡検査を受けた。長女ケイコ・フジモリ氏は記者団に、元大統領は出血を伴う胃炎と診断され投薬治療を受けていると明らかにした。

 フジモリ氏は過去にも胃炎を患った。また舌がんの切除手術を複数回受け、うつや高血圧の持病もある。昨年10月、ケイコ氏ら家族は病状悪化を理由に人道的恩赦を申請したが、ウマラ政権は結論を出しておらず、家族は早期恩赦を求めている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.