天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

米国防総省、60万人が一時帰休/予算の強制削減、F35遅れも

2013/05/15 10:18

 【ワシントン共同】ヘーゲル米国防長官は14日、3月1日に発動された連邦予算の歳出強制削減を受け、国防総省の文民職員60万人以上を対象に7月から最長11日間の一時帰休措置を取ると発表した。

 ロイター通信によると、日本の航空自衛隊が次期主力戦闘機として導入予定の最新鋭ステルス戦闘機F35の開発に遅れが出る可能性もある。

 ヘーゲル氏は14日、同省職員らに対し、米軍の即応態勢を犠牲にして陸軍の訓練削減やペルシャ湾での空母2隻体制解除など最大限の対応を取ったものの、なお予算が不足すると理解を求めた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.