天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

独最高裁、名誉毀損なら削除義務の判断/ネット予測検索

2013/05/15 06:00

 【ベルリン共同】インターネット検索で単語を入力すると、自動的に関連しそうな別の語句を予測し、並べて表示する米グーグルの「サジェスト(オートコンプリート)機能」をめぐり、ドイツ連邦通常裁判所(最高裁)は14日、表示が名誉毀損に当たる場合、同社はこれを削除する義務があるとの判断を示した。

 栄養補助剤販売会社の創業者が、ドイツ語のサイトで自分の氏名を入力すると、米新興宗教の「サイエントロジー」「詐欺」という語句が続いて表示されるとして提訴。グーグルに表示の削除と損害賠償を求めていた。

 一、二審とも原告の敗訴だったが、連邦通常裁は名誉毀損と認定した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.