天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

北朝鮮・開城の遺跡が世界遺産に/高麗王朝の首都

2013/05/13 21:57

 北朝鮮・開城の遺跡地区にある恭愍王陵(聯合=共同)
 北朝鮮・開城の遺跡地区にある恭愍王陵(聯合=共同)

 【ソウル共同】高麗王朝(918〜1392年)の首都だった北朝鮮の開城の遺跡地区が世界文化遺産に登録される見通しとなった。国連教育科学文化機関(ユネスコ)諮問機関の国際記念物遺跡会議(イコモス)が13日公表した報告書で、登録を勧告したことを明らかにした。聯合ニュースが伝えた。

 北朝鮮では2004年に平壌近郊の高句麗古墳群が世界遺産に登録されており、開城が登録されれば2番目となる。6月にカンボジア・プノンペンで開催されるユネスコの世界遺産委員会で、正式な登録の可否が決まる。

 開城の遺跡地区には王宮跡や城壁、王陵などが含まれる。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.