天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

北朝鮮への原油供給停止困難/中国、パイプライン損傷懸念

2013/05/13 21:14

 中国側が北朝鮮への原油供給について、パイプラインの損傷を避けるため最低でも年に計48万トンを送る必要があると内部文書で規定していることが13日分かった。パイプラインの内部が詰まってしまうため数日間でも送油を止めるのは難しい、という。中国は北朝鮮にとって最大のエネルギー供給国で、日米韓などは北朝鮮に対する最も効果的な圧力手段として原油供給の停止に期待するが、技術的にも困難な実態が浮き彫りとなった。

 韓国の統計資料などによると、中国からの過去10年の年間輸出量は50万トン超で推移しており、既に最低に近い水準まで下がっていることになる。(共同)

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.