天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

拉致被害者即時帰国へ協力訴え/米でシンポ

2013/05/03 12:01

 2日、ワシントンで、拉致被害者の即時帰国への協力を訴える家族会の飯塚繁雄代表(共同)
 2日、ワシントンで、拉致被害者の即時帰国への協力を訴える家族会の飯塚繁雄代表(共同)

 【ワシントン共同】北朝鮮による拉致問題の解決を訴えるため、日本政府が主催する米国で初めてのシンポジウムが2日、首都ワシントンで開かれた。被害者家族が拉致された肉親の写真を掲げ、即時帰国へ国際社会に協力を呼び掛けた。

 妹の田口八重子さん=失踪当時(22)=を拉致された家族会代表の飯塚繁雄さん(74)は、八重子さんの写真を手に「『お兄ちゃん、早く助けて』と(私を)見つめている。この顔を見るたびにつらい」と帰国を待ちわびる家族の心情を代弁した。

 家族会事務局長の増元照明さんは被害者らの高齢化に危機感を示し「1人でも早く取り戻さなければならない」と力説。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.