天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

11年ソマリア飢饉26万人死亡/半分が5歳未満

2013/05/02 20:07

 【ナイロビ共同】国連食糧農業機関(FAO)などは2日、2011年前後にソマリア南部を中心に襲った飢饉の死者が推定25万8千人に上ったとの研究結果を発表した。半分以上の13万3千人が5歳未満の子どもだったとしている。

 死者は数万人規模とされていた当時の推定を上回る結果。国連ソマリア人道調整官のラザリニ氏は2日、11年7月に国連が飢饉を宣言する前に、もっと対策を取るべきだったとの声明を出した。

 研究結果によると、25万8千人が死亡したのは10年10月から12年4月で、ピークは11年。死者数はソマリア中南部の人口の4・6%に達した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.