天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

米男性に懲役15年の判決/北朝鮮、対話再開模索か

2013/05/02 13:20

 【平壌、北京共同】北朝鮮の朝鮮中央通信は2日、昨年11月に訪朝し「反共和国敵対犯罪」を行ったとして拘束されていた米国人男性、ベ・ジュンホ被告に、労働教化刑(懲役に相当)15年の判決が言い渡されたと伝えた。

 北朝鮮は過去にも拘束中の米国人釈放と引き換えの形で、米国の元大統領や現職高官の訪朝を実現させてきた。今回も被告の処遇問題を契機に、米国との対話再開の糸口を探るとみられる。

 韓国紙、東亜日報は2日、カーター元米大統領が北朝鮮から招待されて訪朝を検討していると伝えており、同被告の釈放交渉につながる可能性もある。

 判決は北朝鮮の最高裁判所が4月30日に言い渡した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.