天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

ハイチで重機操作、特訓中/陸自PKO部隊が置き土産

2012/10/30 00:43

 【ロサンゼルス共同】2010年1月に大地震に見舞われたカリブ海のハイチで国連平和維持活動(PKO)を終えた陸上自衛隊が、現地で使用した重機の扱い方をハイチの人々に指導している。昨年の武器輸出三原則の緩和により、自衛隊の重機を他国に供与できるようになったため、ハイチに残して活用してもらう考えだ。

 首都ポルトープランス郊外の自衛隊宿営地。ハイチ公共事業省から派遣された女性、バンサン・ネルランドさん(25)が自衛隊員からショベルカーの動かし方を教わっていた。

 自衛隊は地震発生翌月から現地入り。約40両の重機を持ち込み、がれき撤去や道路補修をしてきた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.