天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

シリア、夏以降で最も激しい空爆/停戦崩壊

2012/10/29 22:38

 29日、シリアの首都ダマスカス近郊で起きた自動車爆弾の爆発によって壊れたビル前に集まった人々(ロイター=共同)
 29日、シリアの首都ダマスカス近郊で起きた自動車爆弾の爆発によって壊れたビル前に集まった人々(ロイター=共同)

 【カイロ共同】シリア人権監視団(英国)によると、イスラム教の祝祭「犠牲祭」の最終日を迎えたシリアでは29日、政府軍が反体制派への攻撃に戦闘機を投入、今年夏以降で最も激しい空爆を各地で行った。犠牲祭初日の26日以降の死者は400人近くに達したという。フランス公共ラジオなどが伝えた。

 国連とアラブ連盟合同のブラヒミ特別代表は祝祭に合わせた一時停戦を提案し、アサド政権と反体制派がいったん合意したが、停戦は実現せずに27日に事実上崩壊、さらに暴力が激化。ブラヒミ氏は29日、モスクワでロシアのラブロフ外相と会談した後、記者会見で一時停戦の崩壊を認めた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.