天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

中国の人権「文革期の状態に」/渡米の陳氏、現状に危機感

2012/10/24 17:08

 盲目の人権活動家、陳光誠氏とインターネット電話で話す兄の陳光福氏=中国山東省臨沂市(共同)
 盲目の人権活動家、陳光誠氏とインターネット電話で話す兄の陳光福氏=中国山東省臨沂市(共同)

 【北京共同】中国当局による自宅軟禁から逃れ、5月に渡米した盲目の人権活動家、陳光誠氏(40)が24日までに共同通信のインタビューに応じ、中国の人権状況について「(大規模な政治運動によって多くの人が弾圧された)文化大革命(1966〜76年)のころの状態まで後退している」と述べ、強い危機感を示した。11月の共産党大会を経て発足する習近平次期指導部に対して改善に向けた民主改革を求めた。

 滞在先のニューヨークの大学では法律を研究しているが、当面は帰国できないことを示唆した。

 友人で著名な市民活動家の胡佳氏らへ、中国当局の引き締めが強まっていることを懸念した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.