天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

スペイン、バスクで民族派伸長/中央政府への反発広がる

2012/10/22 10:34

 21日、スペイン・バスク自治州ビルバオで、自治州議会選で第2党となったことを支持者らと祝うビルドゥの指導者(中央)(AP=共同)
 21日、スペイン・バスク自治州ビルバオで、自治州議会選で第2党となったことを支持者らと祝うビルドゥの指導者(中央)(AP=共同)

 【マドリード共同】スペイン北部のバスク自治州議会(定数75)選は21日、投開票され、民族派の政党が勢力を伸ばした。財政危機で緊縮策を進める中央政府への反発を背景に、自治権拡大を求める世論がバスクで広がっていることを示した。

 穏健民族派のバスク国民党(PNV)が27議席で第1党を維持したほか、分離独立を要求する非合法組織「バスク祖国と自由」(ETA)と関連がある「ビルドゥ」が初参加にもかかわらず21議席を得て第2党となった。

 ラホイ首相の出身地、北部ガリシア自治州の議会(定数75)選は、中央与党の国民党(PP)が38から41に議席を増やした。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.