天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

米、イランと核問題で直接協議か/報道官は否定

2012/10/21 12:04

 【ワシントン共同】米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は20日、米政府高官の話として、イランの核問題をめぐり米国とイランが2国間による直接協議を始めることで合意したと報じた。

 報道に対し、米国家安全保障会議(NSC)のビーター報道官は合意を否定する声明を発表したが、「2国間で対話する用意はある」と指摘。イランの核問題解決に向けて、国連安全保障理事会常任理事国とドイツの6カ国で「協力を続ける」とした。

 報道によると、今回の合意は2009年のオバマ政権発足時からイランと水面下で接触を続けてきた成果だとしている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.