天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

服部君両親、銃規制に努力続ける/事件から20年

2012/10/20 17:29

 19日、米ルイジアナ州バトンルージュで、米国の銃犯罪や銃規制運動への思いを語る服部政一さん(左)と妻の美恵子さん(共同)
 19日、米ルイジアナ州バトンルージュで、米国の銃犯罪や銃規制運動への思いを語る服部政一さん(左)と妻の美恵子さん(共同)

 【バトンルージュ共同】1992年10月に米国留学中の服部剛丈君=当時(16)=が射殺されてから20年が経過したのを機に、事件が起きたルイジアナ州バトンルージュを訪れている両親が19日、米国で銃規制が強化され、犠牲者が1人でも減るよう「これからも、できることをしていきたい」などと思いを語った。

 銃が乱射され多数が死傷する事件が頻発しても、銃規制強化が大きなうねりにならない米国の状況に、母美恵子さん(64)は「被害者の家族に、もう少し動いてほしい。『がんばって』という声を日本から送り続けたい」と話した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.