天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

キューバ危機50年でシンポ/ソ連軍緊張「極限だった」

2012/10/20 09:51

 19日、ハバナの革命博物館で開かれたキューバ危機から50年のシンポジウム(共同)
 19日、ハバナの革命博物館で開かれたキューバ危機から50年のシンポジウム(共同)

 【ハバナ共同】1962年、ソ連がキューバに配備したミサイルをめぐり米ソがにらみ合い、核戦争の危機が現実味を帯びたキューバ危機から50年を記念したシンポジウムが19日、キューバの首都ハバナで開かれ、当時を知る元軍幹部がソ連軍の緊張は極限に達していたと証言した。

 キューバ軍の情報担当司令官だったマヌエル・キニョネスさん(82)は、キューバに展開していたソ連部隊が、地元の漁師たちが夜の漁に使う照明を見て、侵攻する米艦船のものと誤認、一時厳戒態勢に入ったと明らかにし「一触即発の状態だった」と振り返った。

 シンポはキューバ歴史学会などが主催。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.