天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

日本食の賞味期限改ざん/モスクワの「ジャプロ」

2012/10/17 18:25

 【モスクワ共同】旧ソ連諸国専門の貿易会社「日ソ貿易」(本社東京)のロシア現地法人「ジャプロ」が、みそやしょうゆなど日本食の賞味期限表示を改ざんして販売していたことが17日までに分かった。日本人スタッフの指示で1990年代半ばから続けられていたという。

 ジャプロは日ソ貿易モスクワ事務所の監督の下、ロシア人の社長と社員で営業。ロシアでの日本食ブームを受けてモスクワ市内に二つの小売店舗を展開。

 今月初め、市内の日本レストランから、配達された弁当用しょうゆの味がおかしいと指摘があり、調べたところ賞味期限が1年以上過ぎていた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.