天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

落盤事故救出2年、現地でミサ/チリ、参加は33人中14人

2012/10/14 10:36

 【リオデジャネイロ共同】チリ鉱山落盤事故で、約70日間地下に閉じ込められた作業員33人が救出され2年を迎えた13日、北部コピアポ郊外の現場跡地で生還できたことに感謝するミサが行われた。地元ラジオ(電子版)が伝えた。

 奇跡の救出から2年が過ぎ、国民の関心が薄れる中、33人のうち参加者は14人にとどまった。2カ月余りの間、暗闇の地下生活を共にした仲間たちの結束も徐々に弱まりつつある。

 ミサには、救出作戦を指揮したゴルボーン前鉱業相(現公共事業相)が参加したが、ピニェラ大統領は欠席。12日に大統領府で行われた記念式典には33人のうち3人しか出席しなかった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.