天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

ウラジオストクで松江市の物産展/2千人でにぎわう

2012/10/13 18:38

 13日、ロシア極東ウラジオストクで行われた物産展で日本茶を勧める「お茶の三幸園」の大島正也社長(共同)
 13日、ロシア極東ウラジオストクで行われた物産展で日本茶を勧める「お茶の三幸園」の大島正也社長(共同)

 【ウラジオストク共同】ロシア極東ウラジオストクで13日、松江市の物産展「松江ブランド展inロシア」が行われ、同市名産のボタンの苗木や日本茶、しょうゆ、和菓子、化粧品などを販売、約2千人の地元市民でにぎわった。同展は今年3回目だが食品販売は初めて。松江市は鳥取県境港とウラジオストクを結ぶ貨客船を利用したロシア極東への地元産品の輸出拡大を目指しており、物産展開催は人気商材の把握も目的。

 松江市の担当者は「台湾でも同様のイベントを行っているが、ここの反応がはるかに良い」と話している。

 松江市が生産量日本一を誇るボタンは園芸愛好家の間で人気が定着している。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.