天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

南シナ海臨む島で米比演習/中国けん制、在沖海兵隊も

2012/10/08 16:22

 8日、フィリピンのスービック港に停泊している米海軍の強襲揚陸艦ボノム・リシャール内で行われた演習開始式典で、整列する米フィリピン両軍の兵士(共同)
 8日、フィリピンのスービック港に停泊している米海軍の強襲揚陸艦ボノム・リシャール内で行われた演習開始式典で、整列する米フィリピン両軍の兵士(共同)

 【スービック共同】米フィリピン両軍の定期合同演習「フィブレックス」が8日、南シナ海に面するフィリピンのルソン島で始まった。18日まで。海兵隊の実戦訓練が柱で米側の主力部隊は在沖縄海兵隊だ。ルソン島各地のほか南シナ海の南沙(英語名スプラトリー)諸島に近いフィリピン西部パラワン島が舞台となる。

 南シナ海の領有権争いでフィリピンと対立する中国をけん制する狙いもあるとみられる。

 米海兵隊によると、演習に使うヘリコプターは旧式で中型のCH46や大型のCH53で、新型輸送機MV22オスプレイは持ち込まなかった。

 両軍合わせ約3700人が参加。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.