天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

安保理が越境砲撃を強く非難/シリア政府に対し

2012/10/05 10:31

 4日、シリアの首都ダマスカスで、政府軍の砲撃で煙が上がる家屋のビデオ映像(AP=共同)
 4日、シリアの首都ダマスカスで、政府軍の砲撃で煙が上がる家屋のビデオ映像(AP=共同)

 【ニューヨーク共同】国連安全保障理事会は4日、シリアからトルコへの越境砲撃で5人が死亡した事態を受け「シリア軍による砲撃を最も強い言葉で非難する」との報道声明を出した。

 声明はシリア政府に、近隣諸国の主権と領土保全への十分な尊重を求めた。また「こうした国際法違反行為が直ちに終了され、再び繰り返されないよう要求する」とした。

 複数の安保理外交筋によると、声明は非常任理事国アゼルバイジャンがトルコと協議の上で草案を作成。ロシアは砲撃を「シリア軍による」と特定したり「国際法違反」と指摘したりすることに一時難色を示し、各国が文面の調整を続けていた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.