天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

中国、一部都市で不動産税導入/バブル対策、上海など

2011/01/27 22:11

 【北京共同】中国財政省は27日、一部の都市が日本の固定資産税に当たる不動産税を導入することを認めたと発表した。上海、重慶両市は不動産税を28日から試験的に導入すると表明、他の地方政府も追随する可能性がある。

 不動産税の構想は、不動産バブル対策の一環として導入が浮上した。高級住宅や複数の物件を所有する富裕層から徴収し、所得再分配につなげる狙いもある。

 中国は不動産高騰に対処するため金融引き締めを図っているが、住宅価格の上昇傾向が続き、地方都市でも高騰が問題化していることが導入の背景にある。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.